FX外国為替保証金取引について

FXはForeign Exchangeの略称で、日本語で外国為替保証金取引のことをいい、今まで銀行や保険会社などでしか取引できなかった為替取引が、1998年に法改正(外為法改正)され、個人でも取引できるようになり、現在では株式投資や外貨預金と並ぶ人気の投資になっています。
外国為替
外国為替保証金取引は、2国間の通貨(通貨ペア)の売買によって得られる際の、差益を狙った取引の事です。

FXは小資金で始められる

この外国為替証拠金取引は、FXにおける最大の魅力で、証拠金を預けることで、その資金の何十倍~何百倍の外貨取引を行うことができます。
この取引の仕組みを「レバレッジ」といい、例えば10万円の資金で、その25倍の250万円の取引が可能になります。
小資金
投資と聞くと何百万や何千万をイメージしますが、FXは上記のように小資金で始めることができ、24時間取引ができますので、空いた時間に取引ができます。

また、買い取引でも売り取引でも、両方で利益を出すことができます。

また、金利の高い通貨の取引をすれば、スワップ金利ももらえます。
(スワップ金利=取引通貨間の金利差があり、金利が高い通貨を買った場合の金利差益)

小資金でレバレッジをかけることで、短期間で運用資金以上の儲けを得ることができますが、逆にレバレッジをかけるとで、一瞬で資金を失う可能性もありますので、十分注意してください。




レバレッジ

レバレッジは、日本のFX業者は最高で25倍までですが、海外のFX業者であれば、500倍・800倍・1000倍などがあります。
例えば、1ドル100円として、資金10万円での取引であれば、通常1000ドルまでしか取引できませんが、レバレッジ10倍にすれば、1万ドル、100倍にすれば10万ドルの取引ができます。
そこで、10倍で1万ドルを取引して、1ドル100円が105円になった場合には、10万円の証拠金で、5万円の利益を出すことができます。
100倍であれば50万の利益になりますが、市場が思惑とは逆に動いた場合には、瞬間に資金を失うことになりますので、高レバレッジであればあるほど、ハイリターン・ハイリスクです

円高円安・売りでも買いでも利益を出せる

外貨投資商品は基本的に円で外貨を買って、円安に進むにつれて利益がでるという事になりますが、FXの場合には、円高では外貨を売って、円安は外貨を買って円を売るという事ができますので、円安でも円高でも利益を出すことができます。

外貨商品の外貨預金やMMFなどは、円安になるのを待たなければいけませんが、FXは、やり方によって、早ければ、瞬間的もしくは、その日のうちに利益を出すことができますので、これが人気の理由の一つになっています




高金利外貨の注意点

FXでの注意点で、高金利の外貨を売る場合には、スワップ金利を払わなければいけなくなるので、短期的な取引にしたほうが良いと思います。
現在は、円以外の通貨は金利が高いので、買いの予測を重点にすれば、効率よく稼ぐことができます。

FXの24時間取引と為替市場


為替取引は世界中で行われていますので、土日を除き1年中24時間動いています。
シドニー市場(オセアニア)から始まり、地球の自転で、日本市場→ロンドン市場→アメリカ(ニューヨーク市場)→シドニーのように、取引市場が移動していきます。
また、取引時間帯が、夏時間と冬時間で異なる市場があります。

シドニー・東京・ロンドン・ニューヨークの4つが、取引高の多い市場です。
世界の為替取引が活発に動くのが、上記の図のロンドン市場とニューヨーク市場が重なる時間帯です。日本時間では午後6時頃から12時頃までですので、仕事が終わった後でも参加して取引を行うことができます。
為替市場は現在1日で300兆円以上の取引が行われていますので、活発に動く時間帯が日本では夕方からだという事も、チャンスだと思います。