レバレッジとはなにか

レバレッジを利用することにより、初心者でも資金効率の良いトレードを行うことができます。
また、レバレッジも、国内FX業者と海外FX業者とは、大きく違います。
このレバレッジについて、わかりやすく説明します。

レバレッジ=「てこの原理」について

レバレッジの説明

以前、学校の授業で力点・作用点・支点などで、自分の加える力を増幅させて、加えた力以上の力を発揮することを「てこの原理」と学びましたが、FXでの「てこの原理」は、小さな力(資金)で、大きな力(資金)を動かす事で、それをレバレッジと言います。
手持ちの資金が少ない場合でも、レバレッジを利かせることで、大きな資金を動かすことができるということです。

レバレッジはFXの最大の魅力

FXでのレバレッジは、簡単に言うと、手持ち資金の最高25倍までの資金を効率的に運用できることを言います。
25倍を必ずというわけではなく、投資資金のリスクを考えながら、レバレッジをかけて少ない保証金(外国為替証拠金取引)で、大きな金額を動かすことができるのが、FXのレバレッジの最大の魅力です。

レバレッジを利用するということは

例えば、1ドルが100円として、1万ドル分の取引をしようとすると、通常は100万円が必要になります。(100円×10000ドル=100万円)これをレバレッジ25倍での、証拠金は(100万円÷25=40000)は、4万円ということになります。
4万円で、100万円分の取引が可能になるということです。

レバレッジが、FX業者によっても違う理由

日本のFX業者(金融庁登録)と、海外のFX業者でのレバレッジが大きく違ってきます。
日本は、法律により25倍までと決められています。

海外のFX業者は、なんと500倍や888倍などのレバレッジがあり、日本とは大きな違いがあります。
先ほどの計算式にすると、証拠金は(100万円÷500=2000)2000円ということになります。

下記は、海外のFX業者で、XMというところの、証拠金の計算サイトのキャプチャー画像ですが、下にXMのリンクをご紹介しますので、ご自分でも入力されてください。

下記画像は、基本の通貨は、日本円(JPY)、ロット数は、1ロット(10万通貨)となります。通貨ペアは、ドルと円でUSD/JPYになります。
レバレッジは、500倍、になっています。(MAX888倍まであります。)

口座タイプはスタンダード(通常)になっています。

現在の変換価格は、キャプチャー時のドルに対する円の価格です。(自動で出ます)

上記を入力後、緑の部分の計算するを、クリックすると、画像下記の必要証拠金が表示されます。1ロッド、100000通貨(100000×100円=10,000,000円)1千万円分の取引に必要な証拠金が、21,793.10=約21,793円ということになりますので、かなりの資金効率になります。

レバレッジが及ぼすリスクについて

レバレッジ利用で注意すること

レバレッジは、確かに少ない資金で大きな取引を可能にしますので、為替レートを予測できれば、大きな利益を得ることができますが、レートが予測に反して逆に動いた場合には、損失のスピードも速くなりますので、強制ロスカットということにならないように、先ほどのロッド数が1ロッドでしたが、そこを0.1や0.01ロッドに下げて、リスクを考えてのトレードが、賢明です。

レバレッジまとめ

FXでのレバレッジは、資金効率をよくするためには、無くてはならない仕組みで、FXの最大の魅力ですが、日本の法律で25倍までと決められているのは、資金効率だけを考えて、損失を出した投資家が多く出たため、法律により制限がかかりました。
リスクヘッジしながら、無謀な取引をせずに、知識を高めながらのトレードを心掛けてください