FXで稼ぐおすすめ情報局

FXで稼ぐオススメ方法と情報!MT4インジケーター 無料ダウンロード!自分の力で、安定して稼ぎ続ける方法を見つけて下さいヒントが満載!

【最強】mt4トレンドラインはこれです!

time 2019/06/27

【最強】mt4トレンドラインはこれです!

sponsored link

トレンドラインを引く

トレンドやトレンドラインについての説明や使用方法がわかりにくいので、より分かりやすく。
より見やすくするためのインジケーターなども含め、ご説明します。

トレンドの見極め

trendline最強トレンドラインの引き方などは、数多くのサイトで以下のような画像を見かけると思いますが、「どこから、どこまで」などのはっきりとした見極めが非常に曖昧に説明されています。

それは本当に当然なことで、市場は日々動いているので、トレンドラインのパターンはわかっていても、いつも、きれいにパターン通りになりません。
そうなると、FX初心者の方やトレンドラインをお覚えたての方などは、全く全然、わからないと思います。

そもそも、「トレンドラインのスタートはここです。」と説明していません。
過去のチャートを表示して、それにトレンドラインを重ねても、意味がないと思いませんか?

最強のトレンドライン

それでは下記画像をご覧ください。
トレンドの変わり目がはっきりわかるインジケーターです。
(以下より画像はすべてクリックすると、拡大します)
trendline最強
このインジケーターのどこがいいかって?

画像の赤のラインをチャート&ブルーのラインが越えた時点でトレンドが変わります。
まずこの部分を押さえて、下記の画像の説明になります。
どの時点からでもよいのですが、トレンドが変わった手前から、トレンドラインを引いていきます。
trendline最強
最強のトレンドライン
最強のトレンドライン
上記は、USD/JPYの15分足の画像ですが、5分足、15分足、1時間足、4時間足の4つの時間足を表示して
各時間足でトレンドラインを引いてみれば、トレンドを予測することができ、尚且つ、トレードポイントがわかります。
(ローソク足の髭の部分をつなぎます)
上記は、過去のトレードを検証するのではなくで、今からトレンドは上昇か下降かを調べるための、トレンドラインです。
これからのトレンドは?でわからなければ、トレードはできません。
上記のインジケーターを使えば、インジケーターのサインがどうなれば、トレンドの転換かが一目瞭然です。

セッティング方法と応用

まず、セッティング方法です。
FX移動平均線で売買を判断する無料インジケーター
上記リンクより、インジケーターをダウンロードして、MT4にインストールしてください。
インストール方法も、上記のページにあります。

ファイルには、2種類のインジケーターが入っていますので、2種類をMT4に表示させます。
最初の画像の赤と青が別々のインジケーターです。
最強のインジケーター
最強のインジケーター
最強のインジケーター
最強のインジケーター
インジケーターが表示されましたら、画面上で右クリックして、まずグリット線を消します。
最強のインジケーター
再度、チャート上で右クリックして、定型として保存をクリック。
最強のインジケーター
インジケーターの画面を、定型として保存する作業です。
名称は、ご自分がわかりやすいように、決めてください。
英数にての登録です
名称を入力したら、保存をクリックして、いつでも呼び出せるようにします。
最強のインジケーター
それでは保存できましたら、次に、新しいチャートを開きます。
チャート上で右クリックして定型チャートから、先ほど保存した名称をクリックします。
最強のインジケーター
新しいチャートになりましたか
それでは
同じように、5分足、15分足、1時間足、4時間足の4種類(30分足も入れても良い)もしくは5種類など何種類でもよいので、すべての時間足でトレンドラインを引いてみてください。

短時間足の5分や1分で引くと、スキャルピングなどにも利用できます。

最強のトレンドライン応用編

先ほどのチャートに下記のインジケーターも重ねれば、より最強になります。
FX市場の時間帯を表示するインジケーター
上記のページで005をダウンロードして、下記のようにインストールしていきます。
最強のインジケーター
OKをクリックするとインジケーターが表示されます。
最強のインジケーター
ちょっと明るすぎて、落ち着かないので、色を変更したいと思います。
チャート上で右クリックして、表示中のインジケータをクリックしてください。
最強のインジケーター
005をクリックして、編集をクリック。
最強のインジケーター
パラメータ入力をクリックして、市場の色を変更していきます。
最初にAsiaColorをクリックして、Blueに変更。
最強のインジケーター
次にEurColorをクリックして、Tealに変更。
最強のインジケーター
次に、USAColorをクリックして、DarkBlueに変更。
最強のインジケーター
最後にOKをクリックしてください。
下記のようなチャートになりましたら成功です、色が落ち着きました。
最強のインジケーター
再度、このチャートを、定型保存して、名称を適当に決めて、いつでも呼び出せるようにすると更に便利になります。
前述のように、定型保存してください。

次に、市場時間帯表示の日数を変更します。
今の画像では、昨日までの市場時間帯しか表示されていないので、追加編集します。

画面上で右クリックして、表示中のインジケーターをクリックしてください。
先ほどと同じように005を編集で開いて、一番上のNumberOfDaysの右側にある2の数字を、8に変更してください。
すると表示日数が変更されます。
最強のインジケーター
それでは、トレンドラインを引いてみましょう。
最強のインジケーター&トレンドライン
上昇トレンドですので、ラインを超えた時点で、エントリーになります。
上昇トレンドや下降トレンドは、長い時間足でトレンドラインを引けば、わかります。
上記は5分足チャートです。市場時間帯は、15分足までが適当です

下記は1時間足でトレンドラインを引いてみました。
上昇トレンド転換しているようです。
最強のインジケーター&トレンドライン
次に4時間足でトレンドラインを引いてみました。
完全な、上昇のトレンドではありません。
このトレンドラインを越えれば、完全な上昇になりますが、越えなければ、この後加工していきますので、短い時間足での、短期トレードを見越しての、上昇トレンドのエントリーになると考えられます。
最強のインジケーター&トレンドライン
以上です。
お疲れ様でした。
上記はUSD/JPYでしたが、他の通貨ペアでも活用されてください。
トレンドラインは大変重要な、テクニカル分析です。

最強のトレンドライン番外編

先ほどのチャートに、MT4で標準装備のインジケーター Bandsを重ねてみたいと思います。
Bandsパラメータの色の設定を変更します。
最強のインジケーター&トレンドライン
チャートの動きがわかりやすいように、一番上の部分の色を、黄色に変更します。
最強のインジケーター&トレンドライン
Bandsの黄色のラインを超えた時点で、トレンドが切り替わっていますので、スキャルピングなどのトレードに利用できると思います。
最強のインジケーター&トレンドライン
長い時間足の場合には、デイトレなどに利用できます。

是非参考にされてください。

sponsored link




放置ビジネス

テスト

テストテスト

×