FX市場の時間帯について

FX市場は平日(月曜日~金曜日)24時間取引ができます。
基本的に銀行が開いていれば取引ができますので、たとえ日本が祝日でも、世界のFX市場が開いていれば、取引ができます。
世界のFX市場のオープンは、まずニュージーランドから始まり、シドニーがオープンして、東京のオープンになります。
その後、欧州市場、そしてロンドンとオープンして、最後に一番大きく動くニューヨークがオープンしていきます。
FX市場(為替市場)時間帯

FX市場の活発な市場は3つです

一つ目は東京市場で、世界的には、香港やシンガポール・中国などのアジア地域取引全般のことを東京時間と言います。
通常は、AM8:00~PM3:00頃までを東京時間としています。
次にロンドン市場は、世界最大のFX市場です。
日本時間では、PM3:00~AM1:00頃までとなります。夏時間や冬時間で、前後1時間の違いが出てきます。
ロンドンには、世界の銀行が集まっていますので、活発な取引がされています。
最後に、ニューヨー市場が、PM9:00~AM6:00頃まで動きますが、世界の基軸通貨はドルですので、ニューヨーク市場がオープンすると同時に、大きな動きが出てきます。
ドルが第一基軸通貨で第二にユーロになります。
通貨ペアでは、EUR/USDのユーロドルが、チャート上では活発に動く通貨ペアです。

FXの活発な時間帯(東京・ロンドン・ニューヨーク)を表示するインジケーター

下の画像をご覧ください。

左側から、東京市場・ロンドン市場・ニューヨーク市場になります。

この繰り返しで、月曜日から金曜日までの為替レートが動きます。
(下記5分足画像)
FX時間帯インジケーター
変わり目の部分で、大きく変動しているのがわかります。

 

上記画像を5分足で表示したチャート画像ですが、時間足を変えてみれば、大きなトレンドの変わり目も見えてきます。
15分足画像↓FX時間帯インジケーター

 

1時間足画像↓
FX時間帯インジケーター

 

1分足画像↓
FX時間帯インジケーター
トレード中に、徐々に時間帯の色が変わっていきますので、その時間帯でのスキャルピングトレードなどでも役に立つインジケーターと思います。

 

初期設定の色が、明るい色になっていますので、上記の画像にするための、設定方法をご説明します。

 

初期の画像(インストール方法をご参照ください)
FX時間帯インジケーター初期

ダウンロードファイル(このページの一番下にあります)の中の、005.tpl をMT4のテンプレートファイルの中にインストールしてください。

 

MT4MT4のtemplatesを開いて、その中へ、
005.tplをコピーして、貼り付けしてください。
その後、一度MT4を再起動します。
FX時間帯インジケーター初期

チャートの上で、右クリックして、定型チャートから、005をクリックすれば、
下記のような、落ち着いて画像になります。

FX時間帯インジケーター
パラメータで好みの色に変更できますので、変更後にtemplatesに定型保存で、適当な名前で登録すれば、一でも呼び出せます。

 

上記インジケーターのダウンロードはこちら↓
FX市場の時間帯を表示するインジケーター005

 

上記を利用した、スキャルイング方法もご参照ください。

ワンクリックご協力お願いします
↓  ↓  ↓

FX初心者ランキング