XMのメリットはいくつあるのか

XMを利用してみて一番感じたことをまとめてみます。
まずは、メリットと感じたことからです。

1、レバレッジが888倍で資金効率が良い

まず、FX投資をするにあたって、トレードスタイルによって、考え方も手法も千差万別と思います。

 

私の場合には、スキャルピング&デイトレになりますので、短期売買が基本で、損切も含め、どんなに長くても一日の中で終了してます。

 

基本的にUSD/JPYにてのトレードですので、売りの場合にはスワップポイントがマイナスになりますので、早朝6時前には終了するようにしていますが、買いの場合にはスワップがプラスになりますので、翌日に持ち越す場合もあります。

 

私が一番XMに魅力を感じているのが、レバレッジになります。

 

他のFX業者の場合には、500倍がマックスになるところが多い中で、888倍のレバレッジは有難いです。

(海外FX業者を基本に利用してますので、日本のFX業者は利用してません 追証がありますので日本のFX業者は危険ですので。

 

XMの場合にはレバレッジのおかげで投資資金(証拠金)も少なくて済みます。

 

下記が、1LOT=10万通貨を売買した場合の、XMでの証拠金です。
XM証拠金
1LOTをトレードする際に必要な証拠金が、約12,000円ですので、この証拠金で一日で数万円稼げます。

 

ちなみに、日本のFX業者の場合と比較するために、下記の画像をご覧ください。

 

日本のFX業者ではレバレッジが最高25倍です。(10倍になる法改正の話も出てきてます)
XMと日本の業者の違い
同じ1LOTをトレードするのに、日本のFX業者んも場合では投資金が、XMの約35倍必要になります。

 

レバレッジ500倍の他の海外業者の場合には、約2倍(2万円ぐらい)ですが、これを2LOT~3LOTと瞬間でスキャルピングしますので、XMの証拠金の低さ(レバレッジの高さ)非常に資金効率が良いです。

 

2、約定スピードの速さがNO1と思う

スキャルピングで大事なのは、約定スピードの速さですが、XMは今まで利用してきたFX業者の中で、ピカ一の約定スピードです。

 

特に、ニューヨーク時間には急激な変動がありますが、その際にも十分対応できる約定スピードです。

 

その理由としてNDD方式を採用している事で、ノーディーリングデスク(NDD方式)は、DD方式の逆で、市場直結の注文方式ですが、日本のFX業者はDD方式で、トレーダーの注文を一旦FX業者が受けて、その後市場に注文を入れる方式です。

 

DD方式は、海外のFX業者でもありますので、十分注意すべきです。

 

DD方式の場合には、トレーダー(私たち)が注文を入れても、その注文を受けるかどうかを判断するタイムラグが発生します。

 

そこでリクオートや約定拒否が発生します。XMはそれが一切無いありません。

 

3、初回のボーナスやトレードボーナスが凄い

まず、初心者の方は、XMでのトレードが一番おススメです。↓↓

上記の登録リンクバナーにあるように、初回登録時に3,000円のボーナスももらえます。

 

その3,000円は出金できませんが、トレードには利用できますので、その3,000円で利益を出した分は、出金できます。

 

その他にも、入金ボーナスが100%もらえます。

例えば、「50,000円入金すると、50,000円もらえます。」

合計10万円の資金でトレードができます。

 

他の業者には無い、ボーナスです。

 

更に、トレードボーナスもあり、トレードのロッド数や注文数により、トレードボーナスも上がります。

 

上記の3項目が、XMを利用してメリットと感じる点です。

それでは、デメリットに移ります。

XMのデメリットは?

XMのデメリットは、スプレッド幅が広い。

この一点のみです。↑

しかし、これは仕方がないことです。
スプレッドがFX業者の利益になります。

 

スプレッドが利益ですので、トレーダーが末永く利用して、トレードを続けることが、XMにとっては重要という事です。

 

逆に極端にスプレッド幅が狭いFX業者には十分注意が必要です。

 

そのような業者は、間違いなく前述しました、DD方式です。

 

DD方式を採用しているFX業者は、トレーダーが負ければ利益が出るような仕組みも作っています。

 

ですから、スプレッド幅を狭くして、トレーダーを集めて、リクオートや約定拒否などで、注文をコントロールします。

 

結論は、XMでのトレードをおススメします。
↓  ↓

今も支持されている最強ツール!間違いなし