FXトレードの順張りと逆張り

FXの取引方法

為替相場が上昇もしくは下降している場合に、その流れに乗って注文発注するのが、順張りで、その逆が、逆張りです。
為替レート(為替相場)は、上げ下げしながら上昇したり、下降したりしますが、その流れ(トレンド)が、どこに向いているかによって、順張りを決めますが、流れのその隙間を狙った逆張りは、根拠があればよいのですが、急激な上昇の手前で逆張りなどをしてしまうと、損失が大きく膨らみますので、トレンドを見極めて、トレンドとは逆に動いたその後の、順張りが安全なトレードと考えます。
(上昇トレンドだが、為替は上下しながら動くので、一旦下降して、それから上がる時点でポジション発注の意味です)基本的に相場の反転にも気を付けながらです。
上記は、スイングやデイトレの場合ですが、スキャルピングは、その隙間で利益を出しますので、上昇下降のトレンドは問わず、待機時間も少なく、ストレスもありませんので、スキャルピングトレードをオススメします。
スキャルピング画像

スポンサーリンク




テスト

テストテスト

×