為替市場(外国為替市場)とは

世界の為替市場・インターバンク市場

bank世界の通貨(外国通貨)の交換(取引)をしているところを為替市場といい、世界の三大為替市場は、日本市場ロンドン市場ニューヨーク市場になります。

為替市場=インターバンク市場
外国為替取引に参加しているのは、銀行・企業(貿易)・ヘッジファンド・機関投資家(投機筋)・個人などのように様々ですが、その中でインターバンク市場は、実際には、金融機関(銀行系)が取引しており、企業や個人は参加できず、そことの仲介をするのが、証券会社(海外ではブローカーとも呼ばれます)や各銀行です。(以下仲介業者)

インターバンク市場で決められた為替のレートにより、仲介業者が手数料を取って、企業や個人との取引を行っています。
銀行系の金融商品で、外貨預金などありますが、それよりも手数料も安く、インターバンク市場に近い条件で取引できるのが、FX取引です。

FXはリアルタイムで、為替レートの動きで通貨取引をします。
現在の為替市場は、投機筋の取引が大半を占めると言われています




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




テスト

テストテスト

×